JF無料!ヤンゴンの夜遊び向けおすすめホテル8選!

シェアする

sharonang / Pixabay

開発後進国と言われているミャンマーですが、近年は観光にビジネスにと様々な理由で渡航される方は年々増えてきています。タイの隣でLCCなどもあり、比較的行きやすいのも良いですね。

とくに最大の都市ヤンゴンはミャンマーの玄関口となっており多くの人が訪れます。

旅行や出張などで海外へ行かれる紳士の中には、現地での風俗・夜遊びを楽しみにしている方も多いのでは無いでしょうか。もちろんヤンゴンにもディスコを中心とした夜遊びスポットがあり、現地の女の子と楽しいひと時を過ごすことができます。

東南アジアの中でも開発の遅れているミャンマーですが、近年はアジア最後のフロンティアとも呼ばれ経済成長が楽しみな国でもあります。ミャンマー...

夜遊びをするにあたって重要なのが どこのホテルに泊まるか です。現在ヤンゴンの夜遊びはほぼディスコ一択という状況にあり、遊ぶ際には女の子を自身の泊まっているホテルへ連れて帰る必要があります。

しかし、ホテルによってはそういった夜遊びを歓迎せず女性を連れ込む事を拒否したり、高額な手数料を取るところもあります。

このページではヤンゴンで夜遊びにオススメのホテルを紹介します。ホテル選びの参考になればと思います。

値段はこの記事を書いてる時点でのレートに基づいていますので、変動する可能性が大いにあります。また、シーズンや予約状況によっての変動もあります。ご注意ください。

ジョイナーフィー(Joiner Fee/JF)について

ホテルによっては女性を連れ込む事を拒否したり、連れ込む際に手数料(ジョイナーフィー)を要求するところもあります。

このページで紹介しているホテルは全てこの ジョイナーフィーが無料 の、ゲストフレンドリーなホテル です。

しかしながら、本来ゲストフレンドリーであるはずのホテルでも、対応するスタッフによってはジョイナーフィーを要求したりする事もあります。

ホテルへ連れ込む際には ID チェックを要求するところが多いです。慌てないように注意しましょう。

ホテルを予約する際は「大人二人」で予約しましょう。

ホテルまでの移動手段について

ミャンマーでは夜遅くに現地人女性と外国人が一緒に歩く事を禁止しているようで、警察に発見されると面倒な事になります。罰金取られるぐらいですむようですが。

こういったトラブルを避ける為にも、女の子を連れ込む場合にはタクシーを利用したほうが無難です。もしくは距離を置いて歩いて貰いましょう。

夜遊びスポットとおすすめホテルを地図で見る。

ヤンゴン市内の夜遊び向けおすすめホテルと有名なディスコの位置をマップ上に表示してみました。

こんな感じに点々としているので、タクシー移動が前提になると思います。

スーレー シャングリ ラ ヤンゴン ホテル (Sule Shangri-La, Yangon Hotel)

シャングリ・ラの名前を聞いたことある方は多いと思います。ヤンゴンではダウンタウンの中心近くに位置する高級ホテルです。ディスコ・エンペラーも近くですね。

ホテルはややアジアンな雰囲気もある今風のデザインです。女の子と一緒に過ごすのであれば喜ばれるホテルですね。部屋も広くて快適です。

サービス品質はとても高く、日本人スタッフもいるので英語・ビルマ語に不安な方でも安心できます。

連れ込む際にはフロントでのIDチェックが必須でセキュリティも安心です。もちろん夜遊びだけでなく、家族連れやカップルなどにもオススメのホテルです。一泊15000円前後から泊まれます。

パークロイヤル ヤンゴン ホテル (PARKROYAL Yangon Hotel)

ヤンゴン・セントラルステーションの近くに位置する高級ホテルです。地下にはクラブがあり、ここで女の子を捕まえる事もできます。

ホテル内はシックな感じの落ち着いたデザインで纏められ高級感あります。部屋内も同様でのんびりするのに良いです。朝食は種類が多く質も高くて評価が高いですね。

ダウンタウンも十分徒歩圏内ですし、このあたりはタクシーがとても多いので移動に困る事は無いでしょう。ダウンタウンから離れている分静かで良いです。

こちらも上記シャングリ・ラ同様、夜遊び以外にもオススメできますね。一番安い部屋で一泊12000円前後ぐらいです。

アジア プラザ ホテル (Asia Plaza Hotel)

ダウンタウンのやや外側にある中級ホテルです。中心部にも徒歩圏内で鉄道駅も近く、ミャンマー旅行の拠点にも良い立地です。

ホテルは全体的に老朽化している印象はありますが掃除が行き届いており清潔感はあります。部屋は至って普通ですね。まぁ悪い感じはしません。

古いホテルの割にWi-Fiが早いのは地味に嬉しいところです。スタッフの方々も親切にしてくれました。

一泊7500円前後で泊まれます。

ヤンゴン インターナショナル ホテル (Yangon International Hotel)

ダウンタウンから少し離れた、シュエダゴン・パゴダの近くにある大きな中級ホテルです。近くにはディスコ・パイオニアもあります。

ホテル内は清潔で部屋はかなり広く感じます。屋上からはシュエダゴン・パゴダを眺めることもできます。目の前が公園で静かなのも良いですね。海外製ですがウォシュレット付きの部屋もあります。

日本人向けのホテルのようで朝食に日本食があったり、和食レストランもあります。日本人スタッフや日本語の堪能なスタッフもいるため、海外旅行で言葉に不安な方でも安心できます。

一泊8000円前後で泊まれます。

デュシット インヤ レイク ホテル (Inya Lake Hotel)

ヤンゴン市街地の北の方にあるインヤ湖の畔にある中級ホテルです。ダウンタウンからは離れていて静かな場所です。部屋によってはインヤ湖も望めてリゾート気分も味わえます。

敷地内には DJ’s Bar というディスコがあり、客待ちの女性がそれなりに居ます。ですがホテルの周りはあまり何もないので他に行くならタクシーでの移動がほぼ必須でしょう。

ホテル自体は古いですが綺麗にされていますし部屋は広くて快適です。プールやジムなど設備も整っています。朝食も和洋中印緬と様々な料理が取り揃えられており豪華です。

一泊7500円前後から泊まれます。

クローバー シティー センター プラス ホテル (Clover City Center Plus Hotel)

シャングリラホテルの裏にある、こじんまりとした中級ホテルです。立地が良いですね。

外観はちょっと古いですが室内は改装したのかとても綺麗です。部屋は狭いですがモダンなデザインで機能的、日本のビジネスホテルみたいな感じがします。

プールやジムなど他の同クラスのホテルにあるような施設はありませんが、そういったものが不要な方も多いでしょう。日本円の両替ができるホワイトベイもすぐ近くです。

部屋は一泊5500円ぐらいからあります。

ホテル グランド ユナイテッド チャイナ タウン (Hotel Grand United Chinatown)

ダウンタウンのど真ん中、チャイナタウンにある立地の良いホテルです。日本人に人気のディスコ・エンペラーも徒歩圏内ですね。

部屋は普通の中級ホテルって感じですが、最低限必要なものは揃っています。朝食ビュッフェの質も高く、特にモヒンガーが美味しかったですね。

スタッフもフレンドリーで良い感じです。値段は一泊4000円ちょっとぐらいでコストパフォーマンス良いホテルです。立地が良いですので夜遊びだけでなく、観光やビジネスにもオススメできます。

パノラマ ホテル (Panorama Hotel)

予算重視であればパノラマホテルは良いかもしれません。アジアプラザホテルの近くに位置しており、ダウンタウン中心部も徒歩圏内です。

最近移転したらしいのですがその割に古い感じがします。ですが、ちゃんと掃除されていますし特に気になるような事はありませんでした。

部屋は値段の割には広いかな?結構のんびりできます。安いホテルですがアメニティなども揃っていますしコスパ良いです。

一泊4000円ぐらいからと値段重視であれば良い選択かもしれません。

まとめ

気に入ったホテルは見つかりましたか?女性を連れて帰るのであればホテルには気を使いたいですよね。

ここであげたホテルはどれも人気のホテルですので、早めの予約をオススメします。