JF無料!プノンペンの夜遊び向けおすすめホテル7選!

シェアする

カンボジアの首都プノンペンは近年は夜遊びが充実している事でも有名です。お隣のタイよりも安く遊べるとのことで人気が高まっていますね。

旅行や出張などで海外へ行かれる方の中には、夜遊びや風俗を楽しみにしている紳士諸君も大勢いるのではと思います。東南アジアで夜遊びという...

特にリバーサイドにある繁華街はバービアやガールズバーなどが所狭しと並んでおり歩いているだけでも楽しい街です。

さて、夜遊び目的で旅行や出張などをする際に気をつけたいのが どこのホテルに宿泊するか です。ホテルによっては夜遊び目的での宿泊を快く思っていないところも多くありますし、女性を連れ込むと手数料を取るようなホテルもあります。

このページではプノンペンにある夜遊び向けのホテルを紹介します。もちろん 全てJF無料 です。

ジョイナーフィー(Joiner Fees, JF) について

ジョイナーフィーを簡単に説明すると、ホテルへ女性を連れ込む際に発生する手数料です。額はホテルによってマチマチですが無料のところから数十ドル取るようなところもあります。

夜遊びを想定したホテルであればJF無料のところが多いです。このページで紹介するホテルも全てJF無料です。

ただし、大人二人で予約しておかなければゲストを招く事ができないホテルも多いです。予約の際には 「大人二人」 を指定しておきましょう。

また、JF無料のホテルでも連れ込む際に IDをフロントに預けなければいけないホテル もあります。ホテルに着いてから慌てないようにしましょう。

JF無料のオススメホテル紹介

それでは以下よりプノンペンのJF無料で夜遊び向けのホテルを紹介します。以下は全てリバーサイドの繁華街近くに位置しており、主にガールズバーやビアバーで遊ぶ方向けとなっています。

ブーゲンビリア ホテル (Bougainvillier Hotel)

トンレサップ川が眼の前にある中〜高級ホテルです。リバーサイドのナイトライフに便利なだけでなく、王宮や国立博物館といったプノンペン市内の主要な観光地も徒歩圏内と昼も夜も楽しめる立地です。

部屋は広くベッドも快適ですし、レストランはリバービューを眺めながら美味しい食事を楽しめます。

スイートの部屋ともなるとプノンペンの中ではかなり高価な部屋になりますがそれだけの価値はあると思います。一泊約7000円前後から泊まれます。

アマンジャヤ パンカム スイーツ ホテル (Amanjaya Pancam Suites Hotel)

トンレサップ川沿い、王宮の近くにある高級ホテルです。

部屋は広く、内装はアンティーク風で雰囲気が良く落ち着いた感じがします。独立したバスタブがあるのも良いですね。

朝食はビュッフェ形式ではありませんが何種類かあるうちから選ぶことができ、質も量も満足の行くものでした。

最上階のバーは景色が良いですし、近所はバーやレストラン、ミニマートなども沢山あり便利な立地です。スタッフも親切ですね。

カンボジア内では高めのホテルですが値段に見合ったサービスが得られると思います。

サン & ムーン アーバン ホテル (SUN & MOON Urban Hotel)

プノンペンの中心部にある近未来的なデザインの中級ホテルです。内装はとてもカンボジアとは思えないですね。数年前にできたようでとても綺麗です。アゴダの2017年度トラベラーズベストチョイス賞にも選ばれた評価の高いホテルでもあります。

部屋の広さは普通ですが機能的ですし、そのデザインも相まって清潔感あります。

プールやスパ、サウナ、ジムといった設備も充実しています。特にプールはルーフトップにあり眺めが素晴らしいです。

バーエリアも徒歩数分と夜遊びにも良いロケーションです。JF無料ですが大人二人で予約していなかった場合は追加で10USD取られますのでご注意ください。6000円前後から泊まれます。

オハナ プノンペン パレス ホテル (Ohana Phnom Penh Palace Hotel)

リバーサイドにあり繁華街や王宮なども徒歩圏内の中級ホテルです。夜は若干騒がしい地域でもあります。

ホテル内や部屋は綺麗で掃除が行き届いている感じがします。バスタブやバルコニー付きの部屋もあるのでそういった部屋を予約するとより快適でしょう。

朝食も食べられる眺めの良い屋上はジェットバス付き、他にも小さいながらもプールやサウナなども用意されており、設備面も優れています。

日本人客もターゲットとしているのか日本語表記があるのも嬉しいですね。一泊5000円前後とコストパフォーマンスに優れたホテルだと思います。

ル グランド メコン ホテル (Le Grand Mekong Hotel)

リバーサイドにあり繁華街からも近い低〜中価格帯のホテルです。

部屋は広くはありませんが、快適なベッドと清掃が行き届いた綺麗な部屋で悪い感じはしません。ただ部屋によって当たり外れはあるようですね。

リバーサイドなだけあって8階のバー・レストランから眺める景色も良いですね。泊まる際にもリバービューの部屋をオススメします。

ゴールデン ハウス インターナショナル ホテル (Golden House International Hotel)

バービアやガールズバーなどが立ち並ぶ繁華街の中にある低価格なホテルです。

一番安い部屋には窓すら無いですが、快適なベッドにテレビや冷蔵庫に金庫といった必要なものは揃っています。バスタブ付きなのは地味に嬉しいポイントです。

場所が場所なだけに夜は騒がしいですが夜遊びにはピッタリのホテルです。一泊最安で4000円弱で泊まれます。

ホームタウン スイート ホテル (Hometown Suite Hotel)

バーエリアからは少し離れた王宮や国立博物館近くに位置する格安ホテルです。

ホテルの施設や部屋の設備などは値段なりですが意外と広く、部屋によってはバルコニー付きなど開放感あり快適に過ごせます。

昼の観光はもちろん、JF無料で夜遊びにも便利なホテルです。一泊2000円前後,高くても3000円しないので値段重視の方にオススメです。

まとめ

気に入ったホテルは見つかりましたか?快適な夜遊びを楽しむためにも良いホテルに泊まりたいですよね。ここで紹介したホテルはどれも人気のホテルなので早めの予約をオススメします。

それでは良い旅を!